冬のクロアチアのフライト事情(11月中旬)

交通
記事内に広告が含まれています。

夏のリゾート時期と、それ以外のオフシーズンの季節差が大きいクロアチア、閑散期の11月中旬の各地のフライトはどんな状況なのか、調べてみました。

毎年若干変更はあると思いますが、どの航空会社がどこからクロアチアに直行便が飛んでいるかのご参考になると思います。

正確を期しましたが、数えまちがいや勘違い等あるかもしれません。あくまでも参考程度でお願いします。
また曜日によって運航会社や目的地も異なる場合があります。

スポンサーリンク

ドゥブロヴニク空港:5便出発

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: old-town-800x600.jpg

クロアチア観光の目玉、ドゥブロヴニク空港の11月中旬の土曜日の出発便は6便、日曜日は5便。ドュッセルドルフ、イスタンブール、ライプツィヒ以外はすべてザグレブ便です。インチュン直行の大韓航空便はチャーター便だそうです。

スポンサーリンク

スプリット空港8便出発!

split

クロアチアの海の玄関口、クロアチア第二の都市スプリット空港の11月中旬の日曜日出発便は合計8便。夏の10分の一以下です。

ザグレブ空港51便出発

zagreb

クロアチアの首都ザグレブ空港の11月中旬の日曜日出発便は合計51便。

目的地は、ヨーロッパの主要都市以外は、ターキッシュ航空のイスタンブールと、カタール航空のドーハ、フライドバイのドバイだけ。

LCCでは、ライアンエアが9便、ユーロウィングズが2便飛んでいます。

ザダル空港1便出発

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 26zadar-forum.jpg

中部アドリア海のザダル空港の11月中旬の出発便は毎日1便。すべてザグレブからの便です。

リエカ空港0便到着

北部アドリア海、イストラ半島に近いリエカ空港(クルク島)の11月中旬のフライトはなんと0便。その日がたまたまないだけかと思いましたが、冬のスケジュール、英語版、クロアチア語版いずれも真っ白。もしかしたらたまたまバグかもしれません。

プーラ空港1-3便

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aP1020382-800x533.jpg

北部アドリア海、イストラ半島のプーラ空港の、11月中旬の出発便は日によって1-3便。国内線がほとんどですが、国際便もありますね!

クロアチア旅行のフライト関連動画

クロアチア観光旅行へ行くときのフライトの選び方に関するyoutube動画も公開しています。ご参考になるとうれしいです。

【関連動画】夏のLCC活用ヨーロッパ旅行

2022年6月、クロアチア政府公認観光ガイドのゆきこさんが、お客様とLCCを利用してクロアチア→イタリア→スペインを約2週間ご旅行されたときの様子はこちらの動画からご覧いただけます。

プロフィール
この記事を書いた人

2003年からクロアチアの首都ザグレブ在住、Youtube「クロアチア旅ソムリエ」運営中。夫はクロアチア人、男の子二人の母です。
ザグレブで民泊経営、1000人以上の日本人旅行者のクロアチア旅行のお手伝い経験+クロアチア政府観光局はじめ各種翻訳、雑誌・ガイドブックのメディアコーディネータ、医療通訳をしています。
独身時代は敦煌、ガラパゴス諸島やイースター島など秘境をはじめ、世界各地を旅行、近年はクロアチアを中心に周辺諸国取材を楽しんでいます。

旅ソムリエ祥sachiをフォローする
交通
スポンサーリンク
旅ソムリエ祥sachiをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました